岡田・赤津ペアが優勝!(2018東日本ソフトテニス選手権大会)

平成30年7月21日(土)、22日(日)に栃木県宇都宮市において、
東日本ソフトテニス選手権大会シニアの部が開催されました。
シニア50〜の男女各種別の選手が参加し、練馬からも大勢の選手が参加しました。
そこで、

シニア55男子で、
岡田(富士桜部屋)・赤津ペアが
優勝しました!

この大会は、35度を超える猛暑の中、暑さとの戦いでもありました。
第8シードのパッキンからシード選手にはマッチも握られながら凌ぎ勝ち上がりました。
決勝戦はファイナルデュースの大接戦でしたが、
最後まで集中を切らすことなく戦い抜き、見事に優勝しました。

選手たち曰く、
計6試合の試合は炎天下につき、とにかく「しんどい」の一言だったそうです。
普通の人なら、何でこんな辛い思いをしながら頑張らなきゃいけないのかと
疑問を持ったに間違いありません。
しかし、頂点を目指すお二人の気持ちにはその「しんどさ」を超えるものがありました。
最後に優勝が決まった瞬間は歓喜に身震える一面もありました。

本当に、岡田・赤津ペア優勝おめでとうございます!!

 

※男子50、男子55の結果は下記をご参照下さい。

コメントを追加